本文へスキップ

社会福祉法人 勝寿会は介護を専門とする社会福祉法人です。

会社方針CONCEPT

会社方針

私たち勝寿会の施設は、勝浦川の清流と緑にかこまれた風光明媚な地にあります。
その設立は老人福祉のさらなる充実、発展を願う町民の陳情によるものでした。そして隣接する勝浦町立病院のご協力により、介護と医療を兼ね備えながら、地域に開かれた理想的な施設づくりを目指しております。
明るく家庭的な雰囲気の中、おとしより自身の生きがいの発見と自立心向上のために誠意をもってお手伝いさせていただきます。

経営理念

Tやさしい あいさつ 笑顔 おもいやり

U 基本方針
1.最新の介護知識と介護技術を活用し、提供するサービスは、社会公共性をベースに公正な立場から利用者の尊厳と福祉を守り、地域社会から厚い信頼を受けらるよう努める。
2.人材の育成に力点を置き、積極的な姿勢で研修に参加し資質の向上に努める。
3.健全かつ活力ある経営に努め、財政基盤の安定化を図る。
4.施設の和はもとより地域社会活動にも積極的に参加し、地域社会の人々と正しい人間関係を樹立できるよう努める。

V サービス方針
1.ほのぼのとした家庭的な雰囲気で生活が営めるよう支援する。
2.残存機能の活用に努め自立への支援を行う。
3.自己決定権とプライバシーの尊重を重視し生活の質の向上を図る。
4.話し合いを原則とし、各人の意見を尊重した上で方針を立てる。

会社沿革

平成3年
3月1日
社会福祉法人認可
 
平成4年
4月1日
特別養護老人ホーム喜楽苑(定員30名)会所
 
ショートステイ事業開始(定員8名)
 
ホームヘルプ事業開始
平成4年
7月1日
デイサービスセンター オレンジ荘
事業開始
平成5年
4月1日
勝浦町在宅介護支援センター
事業開始
平成6年 
11月1日
特別養護老人ホーム喜楽苑20床増築(定員50名)
ショートステイ専用居室2床増築(定員10名)
平成7年
4月1日
訪問入浴事業開始
 配食サービス事業開始
平成12年
4月1日
特別養護老人ホーム喜楽苑地域交流スペース設置
 ショートステイ専用居室4床増築(定員14名)
平成12年
10月1日
グループホームあゆの里(定員9名)
開所
平成17年
6月
 特別養護老人ホーム喜楽苑20床増築(定員70名)
 ショートステイ専用居室12床増築(定員26名)
平成18年
4月
勝浦町地域包括支援センター事業開始
 
平成22年
7月
喜楽の湯(温泉)利用開始
 
平成24年
1月
デイサービスセンター清流苑事業開始
 グループホームあゆの里9床増築(定員18名)